中学入試要項 中学入試ガイド

平成31年度中学入試要項

入学試験概要

出願資格

本校のアドミッションポリシーを理解する、保護者のもとから通学可能な平成31年3月小学校卒業見込みの男子。

名称・日時 募集人員 試験科目 出願期間 発表日時(HP) 手続期間
第1回
午前
2/1(金)
午前
72名 2科・4科選択 1/10~30 2/1 20:00頃 2/2~2/3
適性検査型(Ⅰ・Ⅱ) 2/1 21:00頃 2/2~2/10
第1回
午後
2/1(金)
午後
2科 1/10~30 2/1 23:30頃 2/2~2/10
第2回 2/2(土)
午後
24名
4科または2科
4科と2科で集合時間が
異なります(下記参照)
1/10~2/2
*当日出願可
2/2 23:00頃 2/3~2/10
第3回 2/3(日)
午前
12名 自分アピール
作文・基礎算数
1/10~2/2 2/3 20:00頃 2/4~2/5

出願について

  • 出願書類:入学願書 6年次1・2学期(2期制の場合は前期)通知表のコピー(記載内容すべて)。
  • コース別の定員は定めません。出願時に希望コース(最大3つ)を願書に記入していただきます。

試験問題などについて

  • 3コースとも共通問題となります。ただし、国際理解コースの選考には、英検4級レベルを目安とする5分程度の簡単な英会話(スピーキング)試験も課されます(英検4級以上を所持している場合は免除)。
  • 第1回・第2回入試では面接は行いません(第3回は自分アピールあり)。

集合時間・試験時間・配点について

入試回 集合時間 試験時間・配点
第1回 午前 8:30 国・算 各50分・100点満点
理・社 各30分・60点満点
第1回 午前適性 8:30 Ⅰ型・Ⅱ型 各45分・100点満点
第1回 午後 15:00 国・算 各40分・100点満点
第2回 4科 13:10
2科 15:00
国・算 各40分・100点満点
理・社 各30分・60点満点
第2回の4科試験は「理・社・国・算」の順で実施します
第3回 8:30 自分アピール 約10分・60点満点
作文・基礎算数 計50分・40点満点

受験料について

受験料は出願1回あたり20,000円(第3回入試は5,000円)。
複数回受験希望者が同時出願する場合には割引制度があります(2回:25,000円 3回・4回:30,000円)。

入試における優遇制度について

英検優遇制度(3コース共通で適用)

実用英語検定4級以上の資格を所持していれば、全入試回で加点する優遇措置をとります(出願時に合格証明書をご提出いただきます)。

文化スポーツ優遇制度(3コース共通で適用)

この制度は、学習と両立して文化・スポーツ活動に努力し、充実した学校生活を送る意志のある受験生のための加点優遇制度です。小学校時代の文化・スポーツ活動の実績をもとに、事前審査のうえ優遇の適用を決定します。適用した受験生に対して、全入試回で加点する優遇措置をとります。
入試広報にお問い合わせ下さい。

英検優遇制度と文化スポーツ優遇制度を併用することはできません。

英語・数学
アドバンス選考について

  • 国際理解コース生は、入学段階で英語習熟度別授業の上位クラス(アドバンス)に編入されます。
  • 第1回・第2回の算数の得点上位者は、入学段階で数学習熟度別授業の上位クラス(アドバンス)に編入されます。

特待生制度について

すべての入学試験回を対象に、本校の定める以下の基準得点を満たした受験生は、合格発表時に特待生S・特待生A・特待生Bとして発表します。

適性検査型入試(第1回午前実施)における基準得点は別途定めます

内容 基準得点(各コース共通)
特待生S 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を原則3年間全額免除する制度 第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が180点以上。または第3回の合計点が90点以上。
特待生A 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を1年間全額免除する制度  第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が170点以上。または第3回の合計点が85点以上。
特待生B 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を1年間半額免除する制度 第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が160点以上。または第3回の合計点が80点以上。
特待生S
内容 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を原則3年間全額免除する制度
基準得点
(各コース共通)
第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が180点以上。または第3回の合計点が90点以上。
特待生A
内容 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を1年間全額免除する制度 
基準得点
(各コース共通)
第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が170点以上。または第3回の合計点が85点以上。
特待生B
内容 入学金、入学後の授業料・施設設備費・教育充実費を1年間半額免除する制度
基準得点
(各コース共通)
第1回(適性除く)・第2回の国算2科目の合計点が160点以上。または第3回の合計点が80点以上。
  • 特待生A・特待生Bとも入学後の学業成績などの審査を経て2年目以降の継続が可能です。
  • 2019年度入試については、他にソフトテニス部の部活動特待生制度(AまたはB)があります(人数制限あり)。
    選考基準は上記基準とは異なります。詳しくは入試広報にお問い合わせください。

第3回入試(自分アピール入試)について

出願できるコースについて

3コースすべての出願が可能ですが、サイエンスGEコースの出願については、本校を会場として行っているMSK(明法サイエンスキッズ)の初級(BASIC)以上に合格していることが条件となります。

出題内容などについて

  1. 「作文」は小学校で学ぶレベルの文章構成力を見ます。本校の国語の入試問題で出題する作文問題に準じた問題を出題します(最大250字程度:過去問を参考にしてください)。(配点20点)
  2. 「基礎算数」は小学校で学ぶレベルの算数の基礎的な力(計算力など)を見ます。本校の算数の入試問題の大問【1】【2】に準じた問題を出題します(過去問を参考にしてください)。(配点20点)
  3. 自分アピールについて
    自分がこれまで継続的に頑張ってきたことやユニークな取り組み、特に仲間と協力して頑張ってきたことについて発表してもらいます(題材は自由)。併せて、その発表に関する質問に答えてもらいます(合計10分~15分)。
    資料・道具などの使用も可能です。プロジェクター・PC利用を希望する場合は、出願時に申請してください。

    発表については、以下の観点で評価をし、得点化します(60点満点)。

    1. 継続的な努力やユニークな取り組みがあるか。
    2. 取り組みの中に仲間との協力がみられるか。
    3. わかりやすく人を惹きつける説明であるか。
    4. 面接者の質問に対して適切に答えられるか。

帰国生入学試験概要

出願資格

本校のアドミッションポリシーを理解する、保護者のもとから通学可能な平成31年3月小学校卒業見込みの男子。

帰国生入試については以下の資格を満たすことが必要となります。

帰国生の出願資格

以下の、1から3を満たしている男子。

  1. 保護者の海外在留に伴って外国で教育を受けており、外国における滞在期間が原則として、継続して1年以上であること。
  2. 帰国後3年以内。または、帰国が決定しており、日本人学校、現地校または国際学校に在籍していること。
  3. 日常生活に不自由しない程度に日本語を身につけていること。

試験概要

名称・日時 募集人員 試験 発表日時 出願期間 手続期間
帰国
1/22(火)
特に定めず 国算2科
面接
1/22
ネット・掲示とも
16:00頃
12/20
~1/19
1/22・23
(2/3まで延期の
制度あり)

出願書類など

  • 入学願書・海外在留証明書・および6年次1・2学期(2期制の場合は前期)通知表のコピー(記載内容すべて)。
  • 受験料は20,000円。2月の一般入試の複数回受験割引制度との併用はできません。

入試について

  • 3コースとも共通問題となります。ただし、国際理解コースの選考には、英検4級レベルを目安とする5分程度の簡単な英会話(スピーキング)試験も課されます。(英検4級以上を所持している場合は免除)。
  • 保護者の方とは、入学後の学校生活などに関するご相談に応じる面談を実施します。

英語・数学アドバンス選考について

  • 算数の得点上位者は、入学段階で数学習熟度別授業の上位クラス(アドバンス)に編入されます。また、国際理解コース生は、入学段階で英語習熟度別授業の上位クラス(アドバンス)に編入されます。
  • 特待生(S・A・B)を選考します。

過去入試問題

2018年度 入試問題(第1回 午前)

2018年度 適性検査型入試問題(第1回 午前)