共学化について 学校案内

2019年4月より 高校共学化

明法で、
私と世界をデザインする。

明法高等学校は、2019年4月より男女共学を開始します。
現在、明法は、共学化に向けて、施設や制服などの女子受け入れに必要な準備を行っています。
54年の伝統をもつ明法の教育を理解して入学してくれる皆さんが、男女共学の新たな環境で、お互いを尊重し、新たなイノベーションをおこし、今まで以上に素晴らしい未来の明法をデザインしてくれることを祈っています。

校長 下條隆史

Institution & Facilities

トイレ、更衣室などの女子受入れのための工事、食堂などの内装工事などを順次行っており、夏休み終了までに渡り廊下や非常階段の腰壁設置や保健室の改修、女子トイレの流水音発生装置の設置、食堂の内装工事やトイレ洋式化は完了しました。
2学期には、女子更衣室の整備、理科棟北側の男女トイレ・部室棟設置の工事を行っていきます。

School Events

活気あふれる体育祭や創造性が発揮できる明法祭(文化祭)、さらに学年行事としての4泊5日の修学旅行(高2)など様々な行事があります。
あなたも共に明法のさまざまな行事に参加して、自分を磨き、新たな明法の伝統をつくってみませんか。

Clubs

現在明法にあるすべての部活動が男女とも受け入れることになっています。女子が入ることで今まで以上に活発な活動になることが期待されます。
そして、女子だけの新しい部活動は、皆さんの力で創り上げてください。部・同好会の新設は生徒会が中心になって、相談に乗ってくれることでしょう。

Entrance Examination

学校説明会が7月からはじまっています。詳しくは「高校入試ガイド」のページからご覧下さい。入試要項も概要が「高校入試ガイド」のページからご覧いただけますが、正式な入試要項は9月初旬からお配りいたします。

Other Changes

クラス編成については、現在のところ「女子15名までは1クラス」という方向で検討を進めています。
食堂のメニューは女子に好まれる要素を取り入れることを検討中です。体育着については、改編の時期と重なり、男女とも着用できるものに変更します。

Staff

共学化にともない女子生徒が入学することを念頭に、スタッフの充実化も進めています。
例えば、キャリアアドバイザーとして、大手大学受験予備校で進路進学アドバイザーをしてきた方を進路アドバイザーとして、また埼玉県立高校の保健体育科教員を長く務め、NHKラジオ講座「保健体育」の講師も務める方を生活アドバイザーとして招聘しました。もちろん、女性の学校カウンセラーや養護教諭もいます。

理事長メッセージ

2019年4月より明法高等学校を男女共学化いたします

本校は創立以来、50余年にわたり中高男子一貫校として「世界の平和に貢献できる人間の育成」を建学の精神とし、その具現化に取り組んで参りました。
建学から半世紀を経て、国際化が一層進展し、持続可能な社会を築いていくことが何より求められている今、男女を問わず人間としての尊厳を認め合い、考え方や価値観の違いを乗り越えて協力し、互いを思いやれる人間に育てていくことが学校教育の重要な使命であると考えました。
その為に私たち明法高等学校は、21世紀において男女が共に成長する教育の場を新たにスタートさせ、建学の精神である「主体的に国の繁栄、世界の平和に貢献できる“人づくり”」を推進して参ります。
学齢期における精神面や学習面などの男女の発達の違いを考慮し、高等学校からの共学化といたします。
志を高くもって、自らの人生を拓く意欲のあり、21世紀のわが国や世界の平和発展に寄与するという情熱のある生徒の入学を歓迎いたします。

平成29年10月23日

学校法人 明法学院 理事長 川岸 良之